1. トップ
  2. 3D映像を視聴する際のご注意点 

3D映像を視聴する際のご注意点

※3D上映イベントを行う前に主催社の方は事前周知説明されることを推奨いたします。

3D映像を視聴する際、予期せず視差量が過大になったり、動きが激しくなることで視聴中、疲労感、不快感を感じることがあります。
もしも疲労感、不快感などを感じたら画面から目を外すなどして視聴を一旦中止してください。休憩をしても疲労感や不快感が取れないときは視聴を中止してください。


  • 視聴姿勢について

3D視聴姿勢は画面表示面と両目を水平にしてください。

大きく傾けると立体画面が成立せず、眼精疲労をおこす場合があります。


  • 視聴位置について

画面より近い位置ほど視差角度(立体感)が大きくなります。

さらに画面水平より高い席ほど視差角度(立体感)が小さくなります。

また画面を斜め方向からみると台形ひずみが大きくなり、適切な立体像が形成されにくくなるため、眼精疲労や映像酔いの原因になることがあります。

 

  • お子様の視聴について。

幼児、児童のようなお子様は体調をうまく伝えられないことが考えられますので必ず大人が同伴し、注意のもと視聴するようお願いいたします。


もどる