ファイルベースクオリティチェック(Pulsar)

Pulsar basic Ver.7.4 ファイルベース自動QCシステム

ファイルベース自動QCシステム Pulsar basic Ver.7.2

ファイルベース自動QCシステム
Pulsar basic Ver.7.4
検査項目

Pulsarはファイルベースに特化したビデオ/オーディオQCシステムで、コンテナ構造からビデオ/オーディオコーデックの仕様適合、エンコード結果の品質までを包括的に評価できます。

民放CMデータの納品では、タイムラインや音声トラック数まで搬入規準に沿った編集になっているかチェックできます。

放送局から大手ストリーミングサービスまで広く導入されているため、ターゲットの納品基準に沿ったテンプレートを適用するだけで複雑なレギュレーションの確認に対応できます。

クオリティチェックはアークベルにお任せください。

お問い合わせ