CMオンライン送稿サービス(MXF・XMLファイル作成)

MXFファイル作成についてXDCAMレコーダーを使用しています。

編集機からSDI信号経由でXDCAMレコーダーに記録MXFファイル(SMPTE RDD-9準拠)を取り出しています。
これにより放送局様サーバーに確実に取り込めるファイルを作成できます。

2017年10月から運用開始の「テレビCM オンライン運用」フォーマットに対応しております。

素材搬入事業者 サーバーにアップロードする「オンエア用MXFファイル」および「メタデータXMLファイル」を作成いたします。またオンライン運用未対応の放送局様向けに「オンライン互換の新方式XDCAM搬入」もあわせて対応可能です。

料金

メニュー料金内訳・備考
オンエア用MXF・XMLファイル作成
ハッシュ生成
(CM素材、CMメタデータ SHA-1)※
7,000円(税抜)
7,700円(税込)
/タイトル
オプション
データからXDCAM原版作成・XMLファイル作成10,300円(税抜)
11,330円(税込)
/タイトル
マスター出力費 7,000円+PFDメディア費 3,300円(税抜)
XDCAMプリント(コピー)・XMLファイル6,300円(税抜)
6,930円(税込)
/枚
プリント費 3,000円+PFDメディア費 3,300円(税抜)
光点滅 ハーディングチェック(パカチェック)6,000円(税抜)
6,600円(税込)
/枚
分析証明書付き(Japan NAB / Ofcom )
  • オンライン運用の場合、別途素材搬入サービス利用料等が掛かります。
    オンライン搬入事業者様もご紹介できますのでご契約でない方はお気軽にご連絡ください。
  • テレビCMオンライン搬入を初めてご利用の場合、広告代理店様と指定素材搬入事業者との契約が必要になります。
    詳しくはお問い合わせください。

当社サービスの位置付け

オンライン運用について搬入・送稿事業者と基本契約済の代理店様の場合、CM1タイトルの登録には、オンライン搬入費用+オンエア用MXF・XMLファイル作成費用が掛かります。

完成原版データのご入稿の他にも、初号フォーマットのデータやHDCAM、HDCAM-SRからMXF放送用原版も作成可能ですので是非お問い合わせください。

XDCAM 新方式(オンライン運用互換)

映像クオリティチェック

人間の目視によるチェックでは捉えることが難しい映像ノイズ混入を防ぐため、映像クオリティチェックシステムとしてファイルベース自動QCシステム Pulsar basic Ver.7.4を導入しています。

  • ファイルベース自動QCシステム Pulsar basic Ver.7.2
    ファイルベース自動QCシステム
    Pulsar basic Ver.7.4
    検査項目

使用システム

CM Master Makerを使用してCMメタデータの作成・編集を行っています。
MXFファイルを解析し、メタデータと照合と、ラウドネス、無音区間を検査する簡易フォーマットチェックやオンライン送稿用ハッシュの生成・検査が可能です。

お問い合わせ