技術&サービスブログ

光学式カメラトラッキング

2021.04.12 テーマ: スタジオ

平和島XRスタジオは、光学式のカメラトラッカーを採用しています。

カメラトラッカーとは、カメラを追跡(トラック)する機材のことで、スタジオカメラの空間位置を捉えるために必要になります。

空間位置を捉えられると何が良いかというと、カメラの動きをデータとしてバーチャルの世界に持ち込めます。
3DCGで作られたバーチャル空間の仮想カメラが撮る画と、スタジオ内の実物カメラが撮る画を可能な限り近づけるのが目標になります。

これがセンサーの筒を上部から見た写真です。

筒の周囲には赤外線を出すLEDが付いており、筒の中心は広角の赤外線カメラになります。

スタジオの天井には反射マーカーが貼られているので、自分の出した光を自分で撮影してカメラの空間位置を推定できます。

厳密に言うと、カメラトラッカーは自身の位置をトラッキングした結果を返すため、そこから基準値を移動・回転させて実際のカメラのセンサー位置に重なるように調整をします。