技術&サービスブログ

SONY PXW-FS7とATOMOS SHOGUN INFERNOでハイスピード撮影

2018.06.25 テーマ: 機材情報

今回はSONY PXW-FS7とATOMOS SHOGUN INFERNOを組み合わせて240fpsのHFR(ハイフレームレート)撮影を行う方法についてです。

FS7本体のみでHFR撮影する場合は180fpsまでしか収録できませんが

・拡張ユニット SONY XDCA-FS7
・インターフェースユニット SONY HXR-IFR5
・RAWレコーダー SONY AXS-R5
・専用メディアAXSメモリーカード
を使用すると240fps(DCI2K時)や4K RAW収録が可能になります。

ただこの組み合わせだと、カメラ周りが複雑になるし重くなるしレンタル価格も高いし……

今回ご紹介する方法は、もっとシンプルにHFR撮影がしたい!という方にはオススメだと思います。

【今回使用する機材】
・SONY PXW-FS7
・拡張ユニットXDCA-FS7とバッテリー
・ATOMOS SHOGUN INFFERNOとSSD

1.まずFS7に拡張ユニットを取り付けます。

写真1

写真2

2.メニュー→System→ベース設定

撮影モード… Cine EI

カラースペース…任意

スキャンモード…2K フルもしくはセンター

写真3

3.メニュー→System→コーデック→RAW


写真4

4.メニュー→System→記録フォーマット

RAW出力フォーマット…24P,30P,60Pから任意のフレームレートを選択してください(今回は60Pを選択)
※解像度はDCI 2K(2048×1080)のみになります。



写真5

5.メニュー→Recording→S&Qモーション

設定…ON

ハイフレームレート…操作不可

フレームレート…240Pもしくは120P(今回は240Pを選択。60Pベースのため4倍スローになります)

写真6

6.拡張ユニットのRAW OUTとSHOGUNをケーブルで接続します。


写真7

5.で設定したフレームレートがSHOGUN側で確認できればセッティングは完了です。


写真8

SHOGUN側のRecボタンを押すか、SHOGUNのトリガー機能をSonyに設定し、FS7側のRecボタンを押せば収録が可能になります。
専用レコーダーを使用してカメラ一体型のセッティングにしようとするとベースリグやロッドが必要になりますが、これならSHOGUNを取り付けるアームなどのアクセサリーのみでシンプルに組めます。



写真10

更にSHOGUNは再生スピードを変更できるため、いちいちPCに取り込まずともスロー速度のイメージ確認が容易であることと、また再生確認中に見たいシーンまで全員がモニターの前でジリジリ待つ……その結果もう1テイク、なんてありがちなこともなくなり、確認がスピーディーに行えるため現場がスムーズに進行します。



写真9

もちろんHFR撮影だけでなく、DCI4K(4096×2160)60PのRAW収録が可能になります。
※SHOGUNの収録フォーマットをProRes RAWにした場合のみ

こんなところでしょうか。
今回のメリットを短くまとめると、

・セッティングがシンプル
・スロー速度のイメージをつかみやすい
・再生時に速度が変更できるので見たいシーンをすぐ見れる
・DCI4K60PのRAW収録が可能
・レンタル価格が安い!

いかがでしたでしょうか?
みなさまぜひぜひお試しください。