技術&サービスブログ

レンタル人気機種のご紹介

2018.07.24 テーマ: 機材情報

イベントレント部 テクニカル担当 遠藤樹里

紹介機材
・DPA UR1+4288-DC-F-F00-LH
・SHURE CVG18RS-B/C
・DPA 4098-DL-F-B01-120
※DPA:高級マイクメーカー。弦楽器、舞台でのヘッドセットによく使われている。


DPA UR1+4288-DC-F-F00-LH(ワイヤレスヘッドマイクロフォン)
モデル:d:fineTM88(単一指向性)
ダイナミックマイク




【激しく動いてもブレない安定性】
しっかりと付ければ非常に安定し、耳の負担も少ない設計になっているので、長時間使用しても痛くなりません。
動きの激しいイベントや、長時間使用する学会などのイベントでも活躍出来ます。

【DPAならではの繊細な収音性】
DPAの代名詞「COREモデル」を搭載しています。
ダイナミックレンジが4~16dB上昇、全体域でひずみが大幅に減っています。

【付属の変換プラグにより、SHURE製品の受信機、トランスミッターへ対応】
SHURE製品のトランスミッターへの変換アダプタDAD6010により、SHUREの受信機、
トランスミッターと組み合わせて使用する事が出来ます。

〇SHURE製品(UR1+WBH54T)との性能比較
・最大音圧レベル  DPA   144dB SHURE 139dB
・周波数特性    DPA   100Hz~20kHz SHURE 50Hz~20kHz
・等価雑音レベル  DPA    26dB SPL SHURE 30dB SPL

 

SHURE CVG18RS-B/C(グースネックマイクロフォン)
コンデンサーマイク 超単一指向性


【2箇所のグースネックにより、多様な設置が可能】
マイク側、台座側2箇所が可動し、調整が可能です。
コンパクトな台座に加えフレームが台座側へ曲がる事により、設置場所を選びません。
台本を手元に置くMC用や、演台でPCを使用するプレゼン用などでも使えます。

【視認性の良いLEDリング】
特徴の一つとして、マイク下のLEDリングがあります。
ON時に赤に点灯、ミュート時には消灯となります。
遠目からもON/OFFの判断が容易です。(ON時に消灯は出来ません)



【超単一指向性による収音性】
優れた収音性能で、しっかり音を拾います。

最大SPL    120dB
S/N比     94dB:67dB
ダイナミックレンジ    93dB



DPA 4098-DL-F-B01-120(グースネックマイクロフォン)
コンデンサーマイク 超単一指向性


【優れた設置性と、目立たない細身のデザイン】
台座部分は、直径250mmとコンパクトで、設置場所を選びません。

マイク付近と下部XLR端子の部分がグースネックになっているので、スタンド調整のほか、簡易的な位置調整が可能です。

スタンド全体の角度調整は、付属の部品を緩める事で行います。
部品の上下と、マイク部分の角度を調整できることで幅広く対応できます。

【超指向性による収音性】
話し手と多少距離があっても、超単一指向性なので問題なく音は拾えます。
また、コンデンサーマイクなので、よりクリアな音が収音出来ます。

ダイナミックレンジ   102dB 最大SPL 135dB


感想

DPA UR1+4288-DC-F-F00-LH
DPAのマイクは、SHURE製のマイクに比べ、より繊細な音を収音出来ているように思います。
特にヘッドセットマイクは装着時の安定感も上がっているので、演者さんの動きのあるイベントではDPA製がよりお勧めです。

SHUREのCVG18RS-B/C
従来のグースネックマイクは、演台上の場所を塞いでしまう事も多かったのですが、CVG18RS-B/Cはコンパクトに使用できます。

DPA 4098-DL-F-B01-120
DPAのスタンドタイプのマイクは、デザイン性に優れ、見た目に拘るお客様にお勧めです。


弊社では、実際に機材を使用してのデモンストレーションが可能となっております。
使用案件と同じシステムで検証できるリハーサルルームがございますので、ぜひ一度ご利用ください。