HDCAM/HDCAM-SR映像ノイズ検知方法

これが実際のHDCAM映像ノイズです。

HDCAM映像ノイズ

デジタル映像にノイズはつきものです。たとえばYouTube 等で動画を見ていると、
いたるところに大なり小なりの映像ノイズが発生していると思います。

WEBで見る動画ほど顕著ではありませんが、TVCMや番組のマスターテープとして使用されている
HDCAMやHDCAM-SRテープにもノイズは含まれることがあります。

HDCAM映像ノイズ

放送用ビデオテープといっても、デジタルであれば「コーデックで圧縮したデータを記録する」という部分では動画ファイルと同じです。

データ転送由来のノイズなど、一瞬映像が乱れる タイプのノイズも発生することがあります。
このタイプのノイズは明らかに視聴を妨げることが判っているので、混入を防がなければいけません。

これらさまざまなパターンのノイズを検出するために当社では専用機材 ニコンシステム製 VQ-BB10 を使用しています。

ベースバンド・コンテンツ品質検査装置 VQ-BB10

ベースバンド・コンテンツ品質検査装置 VQ-BB10

HDCAM/HDCAM-SRのノイズパターンに反応してエラーフレームを記録し
この結果から、問題のあるフレームをチェック/修正することで適正な映像品質を維持しています。

HDCAM/HDCAM-SRのノイズパターン

当社ではデジタイズ・ダビング・テープ出力を行う際に
映像ノイズ(映像・音声)のチェックによる品質検査を実施しています。
また動画エラーチェッカーによる映像ノイズチェックサービスを
アーカイブ済みのビデオファイルやブルーレイからの品質検査についても承りますので是非ご相談ください。