機材品質管理ポリシーEVENTS RENTAL

「自分で使う、という気持ちで機材メンテナンスをする」

機材コンディションを維持し続けるということは地味な作業の連続です。
インプット・アウトプット端子を全てチェックするなど、そんなことやってるの?と思われることまで手間をかけることで
機材個体差の少ない安定した運用ができます。

また機材だけでなく社屋全体の清掃、整理整頓を心がけています。
綺麗な仕事場から綺麗な機材を毎日お届けします。
「アークベルさんの機材は安心して使えるね」といわれるよう今後もしっかりと取り組んでまいります。




機材品質を万全の体制のもと維持して

「アークベルさんの機材は安心して使えるね」

といわれるよう今後もしっかりと取り組んでまいります。




機材の最新ファームウェア情報の確認と更新

 お客様のご利用環境と差異のないよう一ヶ月に一度、
 更新情報の確認をしています。
 現状のファームウェア情報は当社HPに掲載されています。





インプット アウトプット端子

 接触不良などないよう、すべての端子の確認をしています。
 地味で時間のかかる作業ですが必須検査としています。






ディスプレイモニターの清掃、傷の確認

 ディスプレイモニター(LED)は、
 青色LEDライトで画面を照射し、
 傷を浮き上がらせることで確認します。
 微細な傷があり使用できると判断したものは検査表にも記載して
 お客様に事前に確認いただきます。
 ドット欠けも厳しい基準を設けています。






レンズの汚れや傷の確認

 LED系のディスプレイモニターは、
 青色LEDライトで画面を照らし、
 傷を浮き上がらせることで確認します。
 ケース内に乾燥材を入れて保管しています。
 必要に応じて温度管理したケースでの保管もしています。





スクリーンの清掃

 養生したシートの上でスクリーンを広げ
 目視で隅々まで確認します。
 汚れがある場合は専用洗剤を調合して清掃します。






ケーブルの管理

 ケーブル専用ラックに保管し、
 適宜ローテーションをして使用頻度を均等化しています。
 端子の確認と同様、ケーブル接続の確認をしています。
 平置きのザル箱に重ねて保管することをしていません。






マイクの清掃

 マイクヘッドは口元での利用のため
 特に注意して除菌清掃しています。
 汚れがある場合は専用洗剤で清掃しています。
 ご案件によってはお客様ニーズにお応えするようにしています。






送出映像素材の管理と調整

 アークベルのポストプロダクション部門である
 プロビデオサービスが完成映像の調整をいたします。
 必要に応じて再編集にも対応します。






配送時の機材保全

 振動に弱い機材にはエアクッションを使用して
 機材を保護しています。
 「自分の子供を扱うように」機材を大事に扱いお届けします。