VIRTUAL LIVE STUDIO

スタジオへご来場いただくお客様へのお願い
~新型コロナウイルス感染対策、拡大予防へのご協力を宜しくお願いいたします~

★当スタジオの安全安心のための取組み

  • ・エントランス開放による終日換気をします。
  • ・可能な範囲でスタジオ内を換気します。

~スタジオ外からウイルスをスタジオ内に持ち込まない対策として~

  • ・手指消毒剤をご利用ください。
  • ・スタジオ内は適宜IELU(科学的根拠に基づく有効性のある
     次亜塩素酸水)による空間噴霧除菌をします。
<重要>
★スタジオ来場者の方々へ 下記ご協力ください。
撮影に参加される全ての方のご連絡先を一元で管理ください。
万が一新型コロナウイルス感染が発生した場合、感染拡大予防に有効な手段がとれる可能性があります。
※下部のリンクよりダウンロードを行える「健康状態確認書」をご利用ください

その他のお願い

  • ・体調不良があり新型コロナウイルスの感染疑いのある方のご来場はお控えください。
  • ・当日朝の検温をお願いいたします。咳、37.5度以上の発熱がある場合ご来場をお控えください。
  • ・身近に新型コロナウイルス感染者、濃厚接触者と認定された方がいる場合、および本人に過去2週間以内に
     海外渡航歴がある場合は事前にお申し出の上ご来場の可否を含めご相談させてください。
  • ・ご来場の際は各自マスクの着用、手洗いの感染予防対策をお願いいたします。
  • ・身体的距離の確保をお願いします。人との間隔はできる限り2m(最低1m)空けてください。
  • ・会話はできる限り真正面は避けてください。
  • ・咳エチケットの徹底をお願いします。
  • ・撮影中の体調管理を宜しくお願いいたします。


アークベルの自社スタジオは
バーチャル配信スタジオになりました

zero density

壁面3面は塗装によるデジタルグリーンで新世代のキーイングテクノロジー(Zero Density社”Reality”)に完全対応、 天井はSTYPE社RedSpy用トラッキングマーカーが覆っており、スタジオレンタル後のマーカー貼り込み作業をスキップして すぐにシステムのキャリブレーションを開始することができます。

スタジオイメージ1
スタジオイメージ2
スタジオ簡易図

360°view(ドラッグで視点変更)

Post from RICOH THETA. – Spherical Image – RICOH THETA

アークベルのバーチャル配信スタジオなら
バーチャルでも圧倒的な臨場感

カメラで撮影した映像をCGとリアルタイム合成してそのままライブ配信!

About Virtual Studio

3D空間でのビジュアルをリアルタイムで合成
Reality Engine (リアリティエンジン)

Zero Density 社の開発した Reality Engine(リアリティエンジン) は、究極のリアルタイムノードベース合成ソフトです。 グリーンバックで撮影された人物などの素材を、Reality Engine内の3D空間に配置されたグラフィックとリアルタイムで合成します。 これにより、背景CGセットがカメラワークに追随し、演出の幅が大きく広がります。

グラフィック上のグリーンバック内にある現実の被写体や人物に、写実的な反射と屈折をリアルタイムに反映できます。 また光が輝くエフェクトやレンズフレアを現実の素材に重ねて合成することも可能です。 「アセット」と呼ばれる背景のセットを3DCGで制作し、Reality Engineの空間に配置することで、360°の圧倒的な臨場感を得られます。

Reality Engineは既にさまざまな生放送番組に使われています。FOXスポーツやNASCAR(アメリカの自動車レース)のレースインタビューのほか、 eスポーツの大会などでゲームのキャラクターと実写を合成するなどといった用途に使われています。
■生放送での合成事例 https://youtu.be/E6E_apwBelw

テレポーテーション
遠隔地からの中継をリアルタイムに合成

遠隔地の人同士で会話をするように見せる「テレポーテーション」という手法を使ったものもあります。 これは、スポーツ大会の会場で仮設置したグリーンバックを背景に選手がインタビューを受けているものを、 合成によってあたかも放送局のスタジオでインタビューを受けているような映像にするという技術です。
■ 「テレポーテーション」の実例 https://youtu.be/9K7qa3HK-pI


RedSpy

バーチャルスタジオ / AR 放送向けのカメラトラッキング
RedSpy(レッドスパイ)

光学式カメラトラッキングシステムです。収録用のカメラにスタイプ社のRedSpyカメラを取り付けることで、 カメラの位置情報とレンズデータをリアルタイムに収集しCGレンダリングエンジンとの連動が可能になります。 RedSpyカメラには3種類のセンサーが搭載されており、これらのセンサーから得られるデータを最新のアルゴリズムで リアルタイムに解析し高精度なカメラトラッキングを行います。

StypeKit

カメラクレーン用トラッキングシステム
Stype Kit(スタイプキット)

StypeKit(スタイプキット)はノーマルクレーンをバーチャルクレーン化することができる後付けキットです。 ノーマルクレーンの機動性をそのままに、屋外のスポーツ中継やイベント、スタジオ放送まで幅広くバーチャルクレーンの運用が行えます。 既存のクレーンを改造無しにバーチャルクレーン化し活用できるため費用対効果に優れています。


利用時間/料金

  • ・金額形態はお客さまの使用用途により異なります。お問い合わせ下さい。
  • ・スタジオ使用料/電気代/ミーティングルーム使用料(1部屋)/駐車場(お問合せ下さい)
  • ・2Dキーヤー/スイッチャーを含みます。

Virtual Sets

3Dキーヤー および カメラトラッキングシステム
Zero Density Reality + STYPE RedSpy 1式

2Dキーヤーシステム
Blackmagic Design Ultimatte 12 + Ultimatte Smart Remote 4 1式

スイッチャー
常設スイッチャー

* Zero Density Reality Virtual Studio 2019 Showreel

バーチャルアセットギャラリー

ZeroDensity Realityのアセット(背景CG)は以下のご用意があります。オリジナルアセットの作成も承っております。ご相談下さい。

スタジオ回線情報

[MAIN NETWORK]
USEN GATE 02 (プレミアインターネット)
上下2.5Gbps
* 1社専有型(専用線)/ベストエフォート型

[BACKUP NETWORK]
フレッツ光ネクスト
ファミリー・ギガラインタイプ
上下1Gbps
* ベストエフォート型

専用線とバックアップ回線で安全な配信をサポート

 インターネットライブ配信を実施したいが、ネットワークトラブルが怖いとお考えのお客さまは多いかと思います。 そんなお客さまの悩みを受け、アークベルの配信専用ネットワークでは、複数のネットワーク機器を用いたネットワークの冗長化と、 インターネットプロバイダの多重化を行い、簡単には配信が停止しないシステムを構築致しました。 ネットワーク機器だけでなく、インターネットプロバイダも多重化しているためプロバイダの広域障害にも対応し、より安定した環境下での配信を実現できます。

 また、メイン回線に1社専有型のビジネス向け専用線を採用しているため、近年大きな問題になっている光通信の輻輳(通信が集中してインターネットが繋がらなくなること) も起きにくいシステムとなっております。

システム概略図 経路変更イメージ1 経路変更イメージ2

2種類の配信プラットフォームを使用した同時配信

 配信スタジオには独立した2系統のLANコンセントを有しているため、それぞれで別のライブエンコーダを接続して配信できます。 例えば、メインの配信プラットフォームとしてZOOM、サブの配信プラットフォームとしてYoutube Liveへ同時配信し、リスナーには 事前に2種類の配信用URLを連絡しておくことで、万一、片方の配信プラットフォームが接続不可となってしまった場合でも、もう一方の プラットフォームで継続視聴することができます。

基幹システムには中規模システム定番のYAMAHA製を採用

 配信専用ネットワークで利用しているネットワーク機器は全て定番のYAMAHA製を採用しています。市場には安さを謳った海外製の ネットワーク機器も多く出回っていますが、安価な反面、安定性・信頼性に問題のあるものが多いのが現実です。アークベルの配信専用 ネットワーク機器は、全て国内メーカーであるYAMAHA製を採用しているため、ネットワーク機器同士の親和性も高く、信頼性の高いシステム となっています。

  • 使用しているネットワーク機器の例
  • ・YAMAHA製ルーター RTX1210
  • ・YAMAHA製インテリジェントL2スイッチ SWX2300 etc..

電源仕様

電源種類アンペア数量
100V 平行コンセント20A4回路(8箇所)
100V C型コンセント30A4回路(4箇所)
200V C型コンセント30A4回路(4箇所)
200V カムロックコネクト100A1回路(2箇所)

設備・アメニティ

Wifi完備ホワイトボードデスク(1800×450) 15台スタックチェア 30台
コーヒーメーカーポットミラー救急箱
CDプレイヤー(BlueTooth)コートハンガー  
  • ※備品、資材は手配可能ですのでお申し付けください。
  • ※炊事場、トイレは社屋外EVホール内にあります。
  • ※当建物は全館禁煙です。喫煙は1階所定の喫煙所でお願いいたします。現在コロナウイルス感染防止のため、喫煙所は屋外のみとなっております。
  • ※プリントアウト、コピー(カラー可)対応いたします。(別途費用)

ミーティングルーム

ミーティングルーム1、2があります。
図面のダウンロードはこちら



スタジオ利用規約とクロマキー合成ご利用時の注意

スタジオ利用規約を更新しました。(更新)
以下よりダウンロード頂けます。スタジオご利用の際は必ずご一読ください。
スタジオご利用時は、こちらの利用規約にご同意いただいたものとします。

VRスタジオのグリーンバック(クロマキー)をご使用いただくにあたっての注意点をまとめました。
特に衣装・小道具などでご留意いただく点となります。
撮影の前にご一読ください。


お問い合わせ、お申込み、見学希望はこちらから

スタジオ問合せフォーム